スーパーコピーブランドNランク最高品質通販専門店!にて2010年より営業しているスーパーコピーブランド専門店です。ロレックス、ウブロをはじめとした、アフターサービスも自ら製造したスーパーコピー時計なので、技術力でお客様に安心のサポートをご提供させて頂きます。
  • オメガコピーブランド アンバサダー 五輪メダリスト トップスイマー チャド・ル・クロス選手

  • 時間:2013/11/20 12:06:06

  オメガのアンバサダーで、世界のトップスイマーであるチャド・ル・クロス選手は、FINAワールドカップでの競技を終えた翌日、2013年11月11日月曜の午後、ラグジュアリーブランドが連なる銀座中央通りに面した、ニコラス・G・ハイエックセンター(以下NGHC)を訪れました。ル・クロス選手は2012年ロンドン・オリンピックで200mバタフライと、100mバタフライでそれぞれ金メダル、銀メダルを獲得しており、さらにこの1年の間に幾度も世界記録を塗り替えています。

  11月9日と10日に行われた、FINA競泳ワールドカップの東京大会において、ル・クロス選手は、50mバタフライ、100mバタフライ、200mバタフライ、400m個人メドレーにおいて金メダルを、そして、200m個人メドレーにおいて銀メダルを獲得しました。

  スウォッチ グループ ジャパン代表取締役社長兼オメガ事業本部長である、クリストフ・サビオが、この南アフリカ出身の才能ある競泳のスター選手を歓迎しました。サビオのガイドにより、著名な日本人建築家、坂茂(シゲル・バン)氏による世界的にユニークなデザインの建築としても知られる、NGHCをツアーしました。

  ル・クロス選手は、2階にあるオメガブティック銀座を訪問。オメガのスタッフはル・クロス選手の訪問を大歓迎し、彼は、自分自身の写真パネルと時計ボックスにサインをしました。

 

  その後、カスタマーサービスを訪れ、時計師たちが専用の精密工作機械を用い、時計内部を修理している様子を見学、時計の組み立てを体験しました。


  ル・クロス選手は「専門的な仕事に打ち込んでいる人には、いつも引きつけられます。時計師の方々と私は、全く違う世界で仕事をしていますが、共通する点があると思います。それは、両者とも、集中力と自己実現の限りを尽くして、最高の仕事をする事に情熱を燃やしている点です。」と感想を述べました。


  その後は、NGHC内で、いくつかのメディアから取材を受けました。東京の印象を尋ねられると「これまでの滞在で、本当にこの街が好きになりました。ただ、今回は短期の滞在で、しかも競泳に集中しなければならなかったので、時間があるときに、是非また訪れたいと思っています。その時は、東京だけでなく、日本の他の都市にも行ってみたいです。短期とはいえ、素晴らしい時間を過ごすことができましたので。」と答えました。

 
人気商品